Home » MPニュース » ダナン大学・日本語学科の学生との交流

MPニュース

ダナン大学・日本語学科の学生との交流

25/02/2015

ダナンMP支店長はダナン大学・日本語学科の学生にと交流し、奨学金を与えました

新 経営戦略として、日本市場へのBPOサービスの供給者(サプライヤー)になることを目標でとし、ミンフック会社は日本語の話せる人材を募集する政策を広く 展開している。マスコミ、募集(リクルート)のサイトに紹介・募集通知をアップすることのほか、BPO分野での仕事のチャンスについて、さらにわかるよ う、日本語学科在学中の学生たちに会って、交流会を行いました。

4 月26日午前、ダナンミンフック支店はダナン外国語大学・日本語学科の学生たちとの交流会を行いました。支店の幹部は日本市場における広大なBPOサービ スを展開するとともに、ミンフック会社のBPOサービス志願者発掘について話しました。そして、ミンフック会社の代表者と専門家は参加した学生たちの質問 をに回答しました。それにより、学生たちにはBPOサービス、日本らしいのマナー、文化及びミンフック会社の体制、待遇制度、トレーニングチャンス、自己 啓発など、多くのことについて理解してもらうことができました。

そ の交流会では、BPO分野での雇用機会のオリエンテーションの需要のほか、ミンフック会社は貧しい境遇でも、好成績を収めた学生に五人に対し奨学金(それ ぞれ100万ドン)を授与しました。それはミンフック会社が将来のBPO市場の人材への投資に対する決意の表明です。大学管理幹部を代表し、副校長・ズオ ン・ウォク・クオン様はミンフック会社に心から感謝を表し、強く、優秀な人材発掘のため、これからも長期的に協力することを希望すると語りました。

日 本語学科の学生との交流会及び奨学金の授与式は学生の勉強を奨励するだけでなく、BPOについて学生たちの理解を深め、その分野における雇用機会をもたら すということが目的です。来る5月8日、ミンフック会社はフエ外国語大学・日本語学科に対し、このプログラムを展開する予定があります。これは優秀な人材 を見つける、ミンフック会社におけるBPOサービスの展開基礎作りを目的とするミンフック会社の幹部の努力です。

MPテレコム