Home » MPニュース » 2回目ISO 9001:2008標準への認証評価

MPニュース

2回目ISO 9001:2008標準への認証評価

25/02/2015

今回のQuacert機関との2回目評価認証の新たなステップ展開

去る2011/10/15~2011/10/20標準認証評価センターというQuacert 機関によりミンフック株式会社(MPテレコム)の本社オフィス及び全ての支店においてコンタクトセンターシステムの電話・ウェブチャットでの顧客ケアサービスの提供並びに技術的なソリューション・プロジェクト現提供に対する(国際標準化機構)ISO9001:2008標準の認証評価をが行われました。 今回のQuacert機関の2回目評価認証が英国のDAS機関により2009/06開催された最初の評価認証より新たなステップ展開と認められ、高評価を受けました。それにより、MPテレコム会社はコンタクトセンターシステムに技術的なソリューションの提供・プロジェクトの現及びウェブチャットにより顧客ケアーサービスを提供することでISO9001:2008標準の認証範囲を拡大することに成功しました。それはMPテレコム会社のISO9001管理システムに向けての発展および改善に対する成長のステップアップであると共に、MPテレコム会社での幹部スタッフの発展ビジョンであります。MPテレコム会社がベトナムで最初に、コンタクトセンターシステムに技術的なソリューションの提供・プロジェクトの実現の範囲にISO9001:2008認証受けることで、顧客の満足度を向上させています。 今回の認証評価プログラムはMPテレコム会社の経営・国際標準化機構委員会と標準認証評価センターというQuacert機関により日程・計画通りに行われました。Quacert機関の7人の専門家がホーチミン支店・ダナン支店・ハノイの支店と本社オフィスについて評価を行いました。 品質システムの改善に向けて、継続的に学ぶ勢としてMPテレコムの全ての経営委員会・幹部及び社員がQuacert機関の専門家に真摯な態度で打ち合わせを行ったり、質問に答え文書を提出したりしました。同時に、MPテレコム会社も企業の品質管理システムのフロー及びルールをQuacert 機関の評価団に述べました。 ISO9001:2008標準による管理システムを4年間導入・実施・維持並びに改善した後、MPテレコム会社の全ての社員及び管理スタッフがQuacert機関のと協力し対応しました。特に、評価の際に、MPテレコム会社のISOMANスタッフの柔軟な対応でQuacert機関の評価団体に必要な情報・書類を早めに提出することができ、認定・結論が出ました。 2009年度のDAS機関の認証評価の際は、電話により顧客ケアの交換局を中心に、顧客ケアサービスの範囲が評価された。今回Quacert機関により行われた評価は、MPテレコム全社範囲において展開されました。コンタクトセンターシステムの技術的なソリューション・プロジェクタの実現という新たな認証範囲にISO9001標準の認証を受けることを目的として、MPテレコム会社のプロジェクト展開グループと経営部と研究・発展課が今回の評価認証に積極的に参加しました。 会社の全体部門と実施結果を通じて、MPテレコム会社の経営委員会・社長・店長・部門長・ISOMANの出席のもと2011/10/21の午後、今評価終了会議でQuacert機関の評価団が以下の通り、基本認定として結論を出しました: - MPテレコム会社の品質管理システムは会社の経営委員会の方から契約及び深い関心を受けられたこと。 - 今回の評価で、企業全体のシステムに12件の是正すべき不適合箇所と、50件の改善すべき留意点を発見されたこと。 - 企業の設備・技術のシステムがお客様のニーズや管理レベル、及び要求により適当だと評価されたこと。 - Quacert機関の評価団はMPテレコムの品質管理システムがISO9001:2008標準に当たると断定し、本企業に近いうちにISO9001:2008標準を認証することにをQuacert機関に提出すると約束したこと。 代表者としてNGUYEN VIET TRUNG 社長がQuacert認証評価機関の協力及び積極的・プロー的に評価実施していただいたことに感謝します。会議で評価団と全体のスタッフと打ち合わせたところ、MPテレコムの社長はISO9001標準により品質管理システムの維持・改善に継続的に努力し、ISO9001標準の品質管理システムが企業の発展に貢献する為に必要な1つのツールであると再び述べました。 MPテレコム