Home » 会社紹介 » 証明書システム

証明書システム

03/09/2014

iso1

ISO 9001:2008

270012005

ISO 27001:2005

ISOはMPテレコムの管理活動において重要なことです。

現在のビジネス環境では、企業のスタッフに対して品質管理システムを利用することは戦略性決定だけではなく、企業管理の戦略のことです。同時に、企業の確定はお客様及び関係者までしっかり戦略を表示します。 ISO 9001:2008は管理システムの標準で、「お客様の満足」という方針です。ISO/IEC 27001:2005 報セキュリティマネジメント証明書はセキュリティ標準開発及びセキュリティ管理実践の基礎を供給して、企業関係の信頼性をもらいます。

それによって、ISO 9001 とISO 27001で品質管理システムがあるため、以下のような基本的な要素が必要です。

1. 品質問題についてお客様とスタッフ、全社員の確約。
2. 全社員は積極的に参加すること。
3. プロセスによる仕事の計画。.

そのため、MPテレコム-コンタクトセンター分野は品質管理システムのためISO標準を選択することが必要です。それはMPテレコムの「積極性」及び「適応」とアプローチを表示します。実際に、コンタクトセンターはベトナムでは新しい分野で、5年間(特に携帯電話事業者の時代に品質の問題で競争を行う)の間でどんどん開発されました。この時点で、MPテレコムはベトナムでこの分野の第一企業になるので偶然なものではなく、ISO品質管理システムの開発に成功し、利用しました。同時に、コンタクトセンター分野で始めの企業はDAS 及びQuacert.ISO認定システムの品質管理標準を供給されました。

まず、 ISO 9001:2008 を適用し、開発することでMPテレコムの成功はお客様への企業スタッフの確約で、サービス及び品質向上を常に確保しています。「お客様志向」というシステムの性質を言えば、MPテレコムスタッフはこの問題をしっかり把握しなければ、ISO 9001 と27001を利用することは徹底的にやらなくなりました。同時に、スタッフはこの標準と個人管理の習慣の矛盾がありました。認識問題以外に、品質改進及び確約を実施するための費用が必要です。そのため、良い管理システムがあるので、基本的にリソース(金融、人事、時間)を十分に確保できます。また、スタッフはこのシステムの価値を明らかに把握できれば、短い時間内に収入及び利益に影響する可能性があることを安心することができました。それによって、MPテレコムのスタッフは良い品質を達成するために、収入及び利益の成功に基づいて、そこからはお客様を満足させ、売上高を増加することできました。

その他、「人の参加」という規則によって、管理システムを利用し、開発する時に、MPテレコムの全社員は合意を努力しています。大企業に対して、品質管理システムを上手く開発することは大きな変更になって、大企業(国営企業と民間企業)で開発することができないわけではありません。主な理由はこのシステムにおいてすべての部分と全社員を参加させませんでした。そのため、このことをうまく達成するために、我々は全体システムの目標に向かって、プロの規則により、文化がすべての活動に反映され、尊重精神及び開発も企業にもたらすことができます。

最初からの品質を確保するために、MPテレコムの利点は仕事がプロであることです。それによって、 VinaPhone, VMS 及びViettelのプロジェクトから、スタッフ及び企業の管理者は仕事の計画の意義をはっきり認定しました。同時に、 色々な仕事はP – D – C – A  (plan – do – check – action)フローにより作成しますので、 ISO 9001:2008 及び ISO 27001:2005 を実施して始めた時に、各部分はこの標準の要求、開発プロセス等を多く心配していました。

その上、MPテレコムの品質管理システムの成功要素はインフラシステムの標準を達成しています。コンタクトセンターは大変な分野で、特に仕事の実施結果、評価、監査、検査のことです。また、国際を達成するインフラがなければ、MPテレコムはISO 9001:2008によりシステムを開発する事が出来ません。なお、サーバーシステムを開発し、北部・中部・南部を接続することは管理システムにおいて一貫性を表示しています。

つまり、開発段階を通じて、MPテレコムの品質管理システムは管理システムの並行管理資産だけではなく、ますます企業に新たな価値をもたらしています。

MPテレコム